• 2017年09月06日 10時10分06秒

    魚4割、体内に「微細プラ」京大チームが調査

    佐賀新聞0 likes

    海に漂う微細なマイクロプラスチックを体内に取り込んだ魚が東京湾や大阪湾、琵琶湖など国内の広い範囲で見つかり、調査した魚全体の4割に上ったとの結果を、京都大の田中周平准教授(環境工学)らのチームが...

    • Facebook
    • Twitter
  • 2017年09月05日 22時50分00秒

    未来の日本、二つの分岐点京大と日立、AIで予測

    京都新聞0 likes

    京都大こころの未来研究センターと日立製作所は5日、人工知能(AI)を活用して2018年から35年間の日本の社会を予測し、持続可能な地方分散型社会をつくるためのタイムリミットや必要な政策を解析した、と…

    • Facebook
    • Twitter
  • 2017年09月05日 04時10分00秒

    ダウン症の脳、発達促す化合物京大開発、マウスで確認

    京都新聞0 likes

    ダウン症と診断された胎児の脳の発達を促す可能性がある化合物を、京都大医学研究科の萩原正敏教授や小林亜希子助教らが開発した。妊娠中の母マウスに投与し、ダウン症モデルの子への効果を確認した。萩原教授は「…

    • Facebook
    • Twitter
  • 2017年09月05日 04時03分57秒

    ダウン症のマウス、生まれる前に症状改善する化合物発見

    朝日新聞0 likes

    妊娠中のマウスに与えることで、生まれてきたダウン症の子どもマウスの症状を改善する化合物を、京都大の萩原正敏教授(化学生物学)らのグループが見つけた。5日、米科学アカデミー紀要に発表する。ダウン症...

    • Facebook
    • Twitter
  • 2017年09月02日 16時59分02秒

    複雑な配管も迷わずに調査京大、ヘビ型ロボ開発

    佐賀新聞0 likes

    複雑に曲がった配管の中をくねくねと進んで調べるヘビ型ロボットを京都大や金沢大、岡山大などのチームが開発し、このほど発表した。工場での日常点検のほか、災害時に危険で人が立ち入れない建物内の探索や東...

    • Facebook
    • Twitter
  • 2017年09月02日 08時00分00秒

    アニメ、遺跡 誘客の方法に 魚津で就業体験 東京の学生ら提案

    中日新聞0 likes

    都会の若者目線で魚津市の農村地帯の魅力を考える「松倉インターンシップ(就業体験)夏季活動」の閉校式が一日、同市金山谷の金山谷郷土文化保存伝習館であった。八月二十六日から一週間滞在した東京や京都の...

    • Facebook
    • Twitter
  • 2017年09月02日 06時51分31秒

    猛毒ヒアリに2タイプ 単女王型と多女王型、日本は…

    朝日新聞0 likes

    猛毒を持つ外来種の「ヒアリ」には、生態が異なる二つのタイプがあることがわかっている。日本で発見された個体はどちらなのか、国立環境研究所が調査を進めている。専門家は「それぞれの特徴を正しく理解した...

    • Facebook
    • Twitter
  • 2017年08月31日 20時49分00秒

    沈建仁氏ら3人に三木記念賞

    山陽新聞0 likes

    故三木行治知事の功績をたたえ、岡山県が地域社会の発展に貢献した個人を顕彰する「三木記念賞」の2017年度授与式が31日、岡山市北区内山下のルネスホールであり、受賞者3人に賞状などが贈られた。受賞...

    • Facebook
    • Twitter
  • 2017年08月31日 14時53分31秒

    パーキンソン病iPS移植のサル症状改善

    佐賀新聞0 likes

    人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から神経の元になる細胞を作ってパーキンソン病のサルの脳に移植し、最長2年間観察した結果、症状が改善し、腫瘍ができる異常も起きなかったと、京都大の高橋淳教授のチー...

    • Facebook
    • Twitter