• 2017年08月11日 14時20分44秒

    観測衛星、活断層の複雑な動き解析 だいち2号レーダー

    朝日新聞0 likes

    地殻変動を人工衛星から詳細に捉える技術が進歩したことで、これまで考えられてきたよりもずっと複雑な活断層の動きが見えてきた。大きな断層に誘発されて動く「おつきあい断層」が頻繁に活動する可能性が指摘...

    • Facebook
    • Twitter
  • 2017年08月10日 21時04分00秒

    チンパンジー、じゃんけんを理解京大グループが確認

    京都新聞0 likes

    チンパンジーもじゃんけんを理解できることを、京都大の松沢哲郎高等研究院特別教授や霊長類研究所大学院生の高潔さんらのグループが実験で確かめた。優劣が循環するような複雑な関係を人間以外でも理解する能力が…

    • Facebook
    • Twitter
  • 2017年08月10日 13時24分00秒

    三木記念賞に沈、竹内、森氏

    山陽新聞0 likes

    岡山県は10日、地域の発展に貢献した個人を顕彰する2017年度の三木記念賞に、岡山大異分野基礎科学研究所教授の沈建仁氏(55)=岡山市北区、元県立岡山盲学校教頭の竹内昌彦氏(72)=同市中区、京...

    • Facebook
    • Twitter
  • 2017年08月09日 22時50分00秒

    壁柱補強の木造住宅、震度7耐える京大防災研で実験

    京都新聞0 likes

    間伐材を壁のようにつなぎ合わせた「壁柱」を用いた耐震実験が9日、京都府宇治市の京都大防災研究所で行われた。木造2階建ての建物の1階部分に壁柱を設置しておくと、震度7クラスの揺れに対しても倒壊しないこ…

    • Facebook
    • Twitter
  • 2017年08月07日 11時32分06秒

    iPS細胞から輸血用の血小板 2018年にも治験へ

    朝日新聞0 likes

    iPS細胞から作った輸血用の血小板製剤の開発を目指している大学発ベンチャー「メガカリオン」(京都市)は7日、2018年にも臨床試験(治験)を日本と米国で始めることを明らかにした。20年をめどに医...

    • Facebook
    • Twitter
  • 2017年08月07日 08時24分00秒

    「中野地盤沈下最大14センチ」北陸新幹線トンネル建設

    信濃毎日新聞0 likes

    北陸新幹線(長野経由)高丘トンネル(延長6・9キロ)建設に伴う中野市安源寺地区周辺の地盤沈下問題で、地表面が最大14センチ沈んでいたことを示す文書があることが6日、信濃毎日新聞の取材で分かった。...

    • Facebook
    • Twitter
  • 2017年08月05日 23時20分00秒

    山中教授、iPS創薬に期待治験前、京都で講演

    京都新聞0 likes

    京都大iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授が5日、京都市左京区のロームシアター京都で講演し、来月にも始まるiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った希少難病の創薬に向けた治験について、「患者への有効性や副…

    • Facebook
    • Twitter
  • 2017年08月05日 15時18分00秒

    学びのカラクリ、京大研究者が伝授高校へ出前授業

    京都新聞0 likes

    京都大の理系研究者たちが、高校生を対象に研究の面白さを伝える出前授業を始めている。「学びのカラクリ」と題し、研究者が先端科学について語り、高校生がその知識を基に新たなアイデアを考案し発表する内容で、…

    • Facebook
    • Twitter
  • 2017年08月03日 23時30分00秒

    ホンモノ金銀銅、高校生が精錬京大で実験教室

    京都新聞0 likes

    高校生向けの実験教室「金銀銅を作ろう!」が3日、京都市左京区の京都大で開かれた。スマートフォンや自動車など身近な機械に欠かせない金属が精製される過程を、生徒たちが楽しみながら学んだ。京大工学研究科…

    • Facebook
    • Twitter